即日借入れ 借入が難し 対処法

即日借入れとうたっているのに借入が難しかった場合の対処法

近年、即日融資という文字を多く見かけるようになりました。
即日借入れが可能なのであれば、急にお金が必要になった場合とても助かります。
しかし、即日融資をうたっている金融機関にお申し込みをしても、即日融資とならない場合もあります。
即日融資可能と書いてあるのに即日融資をならない原因や対処法を、ご紹介致します。

 

必要書類が不足している

求められている必要書類が不足している場合、その審査が既定の時間まで揃わない場合は即日融資となりません。

 

必要書類を写した写真のデータがボケている

必要書類は、写真に撮ってデータとして送信する場合がありますが、その際に写真がボケていて文字や社員等が明確に確認出来ない場合は、再提出となります。
再提出を繰り返して時間が経過してしまい、既定の時間までやり取りが出来ない場合は、即日借入れとなりません。

 

個人情報を間違って入力してしまう

有り得ないような問題にも思えますが、即日借入れの場合個人情報を間違って入力してしまう方が少なくありません。
急いで即日にお金を得たいがために、焦ってしまい間違って入力してしまうのが原因のようです。
住所や電話番号、メールアドレスの間違いが多くあり、あくまでもケアレスミスではありますが、間違いに対して再確認が行われ審査に時間を要してしまいます。
個人情報を間違えてしまうと、いい加減な人間と認識されてしまい審査に影響してしまいます。
個人情報を入力したら、最低3回は見直しをするようにしましょう。

 

他社からの借入金額が多すぎる

他社からの借り入れがあっても審査は通りますが、他社からの借り入れ金額があまりにも多い場合は、審査が通らない場合があります。

 

他社からの利用研修を正確に申告していない

借入れが多い方は、融資を受けたいがために他社からの借り入れ件数や金額を少なめに申告してしまう方がいらっしゃいます。
他社のご利用内容は信用機関より把握出来ますので、嘘をついてもバレてしまいます。
正確に申告しないと、審査に落ちてしまいます。
うっかり間違って記載してしまったとしても、そのような申告を間違ってしまう方は信用問題に欠けるという事で、審査に通りません。

 

勤務先に勤務していない

勤務先を正確に申告しない方が多く、既にその勤務先に勤務していないのにもかかわらず、努めているように嘘をついて申告してしまう方がいらっしゃいます。
勤務先には、必ず在籍確認で電話が入ります。
その際に、勤務していなければ、すぐにバレてしまいます。
勤務先は、パートでもアルバイトでも構いませんので、正確な勤務先を申告するようにしましょう。

 

過去に金融事故を起こしている

過去に債務整理などの金融事故を起こしている場合は、即日融資となりません。
金融事故を起こしている場合、内容によって5年若しくは10年で情報が消えます。
情報が残っている間は、即日融資の審査は通りにくくなってしまいます。

 

即日融資の手続き可能時間を超えた手続き

即日融資が可能であっても、手続きが可能な時間帯を超えてしまっては即日融資とはなりません。
金融機関により、何時まで手続きを完了させれば即日借入れとなるかは決まっております。
各金融機関別に、即日融資可能時間をご紹介致します。

 

プロミス
 

プロミス自動契約機 22時まで
SMBCローン契約機 9時〜22時
 振込融資 平日14時50分

 

アコム

 むじんくん(自動契約機) 21時
 三菱東京UFJ銀行内カードローン契約機(自動契約機) 
平日19時、土祝17時、日曜16時
 店頭窓口 平日17時
 振込融資 平日14時

 

モビット

 ローン申し込み機(自動契約機)21時
 振込融資 平日14時50分

 

アイフル

 契約ルーム(自動契約機) 22時
 店頭窓口 平日18時
 振込融資 平日14時

 

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック

 テレビ窓口(自動契約機) 平日20時、土祝18時、日曜17時

 

三井住友銀行カードローン

 ローン契約機ACM(自動契約機) 21時

 

新生銀行カードローンレイク

 自動契約機 21時
 振込融資 平日14時

 

混雑していて手続きが終わらなかった

即日借入れはお客様が集中してしまう事もあり、お申し込みが集中してしまうと混み合って手続きが時間内に終わらない事があります。
既定の時間内に手続きが全て完了しなければ即日借入れとはなりませんので、混みにくい時間帯にご利用する事が大事となります。
お申し込みが集中してしまう時間帯は、平日の正午前後、平日の夕方以降です。
働いている方でも動きやすい時間帯ですので、混雑してしまいます。
また、お申し込みが少ない時間帯は、平日の午後や日曜日の夜間です。

 

自動契約機を探せず手続きが出来ない

自動契約機は目に付く場所に多くありますが、場合によっては探せられない場合もあります。
各金融機関ごとに、自動契約機の設置台数をご紹介致します。

 

アコム

 むじんくん 1067台程
 三菱東京UFJ銀行内カードローン契約機 20台程

 

モビット

 ローン申し込み機 438台程
 アイフル 契約ルーム 904台程

 

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

 テレビ窓口 627台程

 

プロミス 2000台程

 

おおよそ、このような台数となります。
プロミスが1番多く、次にアコムが多いのがわかります。
契約機の差がしやすさを追求するのであれば、契約機の台数が多い金融機関をご利用すると良いでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。
この様なポイントを把握し、審査に落ちずに即日借入れを受けるようにしましょう。