即日借入 できないケース

即日借入できないケースとは

即日借入できるキャッシングという広告宣伝は、もはや珍しくないほど見かけるようになりました。
しかし、実際にキャッシングやカードローンの申し込みをしてみると、その日のうちに現金を手にすることができなかったなんて話も耳にします。
即日借入できないケースとは、どのような原因が考えられるのでしょうか。

 

まず、自動契約機などで申し込みをしてATMで借入をするか、ホームページから手続きをして銀行口座への振り込みという形で依頼をするかによっても異なります。
自動契約機は営業の終了時間が21時や22時までなどと遅くまでオープンしているのですが、口座振り込みは手続きの完了リミットが14時や14時50分までと早いので、時間に間に合わせないと即日借入はできません。

 

終了時刻までに間に合わせなければならない手続きとは、最初の申し込みに始まり必要書類の提出、審査の通過、契約の締結です。
これらに加えて、自動契約機でのお手続きでしたら最後にカード発行、振り込みで融資を受ける場合は口座振り込み依頼を行います。

 

キャッシングやカードローンの申し込みにはいくつかのパターンがありますが、どのルートが最短だといえるのでしょう。
アコムで紹介されていた方法としては、まず申し込みをお電話またはインターネットよりホームページから行う。
運転免許証などの必要書類をFAXやスマホのアプリから提示する。
仮審査の結果がよければ、支店や自動契約機(アコムの場合は三菱東京UFJ銀行カードローン契約機も)で契約をする。
カードを受け取る、というルートが最短だとのことです。

 

時期や時間帯によって混雑しますので、やはり込み合っているときに手続きをしてしまうとどうしても時間がかかってしまいます。
混雑する傾向がある時間帯と曜日は、平日のお昼どきと夕方過ぎです。
フルタイムで働いている方が手の空く時間帯のようですね。

 

反対に、比較的空く傾向があるのは日曜日の夜や平日の15時あたりです。
自動契約機で手続きをスタートさせ契約が完了するまでに要する時間の目安は、約30分といわれています。
即日借入したい場合は、余裕を持ってお手続きしてください。