消費者金融 配偶者貸付

消費者金融の配偶者貸付について

消費者金融でのキャッシングの審査のときに、総量規制が大きく関係してきます。

これは貸金法の法律で、キャッシングの限度額が、年収の3分の一という決まりだからです。
そして、年収10万円以下の場合、消費者金融によっては、収入ナシと判断されて審査に落ちてしまう場合もあります。
ですから、消費者金融のカードローンを専業主婦が申込をした場合、その場で審査落ちになるのは当然のことです。
収入がゼロ表記になってしまうことで、総量規制も何も始まらないということです。
よって、消費者金融は専業主婦を受けつけないということになります。

 

ところが、一部の消費者金融では、専業主婦を対象にして融資ができる場合もあります。
それが配偶者貸付です。
安定した配偶者の収入の総量規制範囲内で、その妻である専業主婦も貸付をしても良いという内容です。
配偶者の収入が300万円の場合、100万円までの貸付が良いとされるものですが、原則的には夫婦で使える範囲内と捉えることです。
専業主婦だけではなく、夫も使えばその範囲は狭まっていくのですが、それでも本来消費者金融は利用不可能な専業主婦も、この方法でキャッシングができることになります。

 

銀行カードローンの場合も、審査の根底には配偶者の安定した収入があります。
こちらは、申込書の記入だけで良いのですが、配偶者貸付の場合は、夫の所得証明書、夫婦関係の所得証明書などの提出書類が必要です。
そして、夫の同意書がなければならないため、夫に内緒のカードローンを作ることは出来ません。

 

もし偽造をしたとしたも、夫が消費者金融でキャッシングをした場合にバレれますし、偽造をした時点ですぐに借りられなくなってしまいます。
どう考えても同意書がなければならないので、「邪」な考えはしないことです。
どうしても専業主婦でキャッシングが必要、でも夫の同意書が得られないときには、銀行カードローンを利用するしかありません。
限度額が少なくて不満かもしれませんが、仕方のないことです。
それか、専業主婦返上して、働くことで、普通に消費者金融のカードローンが利用できることになります。
パートでもアルバイトでも消費者金融のキャッシングができますが、総量規制の関係から、年収に合わせた限度額です。
年収が少なければ、銀行カードローンの限度額とあまり変わらないのが実態です。

消費者金融の配偶者貸付について関連ページ

夫に内緒作れる専業主婦のカードローン
専業主婦の中には夫に内緒でカードローンがほしい方もいます。銀行カードローンの場合、その願いはすぐにかないます。今までどこからも借入れをしたことがない、借入れの経験があったとしても、現在他社借入れがない方は、審査はすぐに通ります。即日入金可能ですが、限度額は低いです。
審査落ちはこんな理由から
専業主婦OKのカードローンの審査では、個人情報機関の照会がポイントになります。過去と現在の借金状況の確認です。例1,結婚して3年目。独身時代にカードローンの支払いを続けています。専業主婦になって、銀行カードローンに申込をしたのに、審査落ち。
専業主婦、カードローン事情
専業主婦のキャッシングの目的が生活費であると言われています。これには賛否両論あることですが、自分のためではなく、生活のためのキャッシングをしなければならない実態もあるのです。夫に内緒で作れる銀行カードローンですが、これも単に贅沢をしたいのではなく、夫の自尊心を傷付けたくないという気持からという理由もあります。