専業主婦 カードローン事情

専業主婦、カードローン事情

ある統計では、専業主婦のキャッシングの目的が生活費であると言われています。

これには賛否両論あることですが、自分のためではなく、生活のためのキャッシングをしなければならない実態もあるのです。
夫に内緒で作れる銀行カードローンですが、これも単に贅沢をしたいのではなく、夫の自尊心を傷付けたくないという気持からという理由もあります。

 

本当なら、消費者金融での配偶者貸付を利用したいのだが、夫の収入が少なすぎて審査が通らなかった、または夫がすでに借入れをしていて審査落ちになることもあります。
しかし、専業主婦であることで、銀行カードローンなら収入証明書ナシで、30〜50万円程度のキャッシングができます。
仕方なくこちらのカードローンで、生活の一部を賄っている方も少なくありません。

 

消費者金融でキャッシング、カードローンというと派手な華やかな感じもありますが、実は悲壮な理由で、ギリギリの生活をしている方もいます。
じゃ、働けば良いのか?というと、働けない事情であったり、数万円の収入を得るのに、お金がかかってしまう場合もあります。
外に出ることは、服装や化粧、ガソリン代などのコストを考えると、働けないと判断される方もいます。
体調も関係してしまいます。
カードローンなどで、金利は高いですが、少しずつ返済をしていくことでなんとか生活をしている方の場合、銀行カードローンでの限度額でも十分と思って利用している場合が多いです。

 

もちろんこのような場合ではなくも自分のために利用している方も多くいます。
キャッシングについては、それが良いことは悪いことなのかは自己判断ですし、少しキャッシングをしてたまには贅沢したい専業主婦がいても良いでしょう。
返済ができる範囲内なら、専業主婦や夫にしてもキャッシングは罪なことではないはずです。

 

銀行系カードローンの審査で専業主婦対象にして、配偶者の所得証明書なども問わないのは、限度額を小さくすることで確実に完済したら良いこととしているからです。
生活費に使おうと贅沢をしようと、毎月利息を付けての返済ができていれば良いことです。
生活苦で喘いでいる方も少なくないのですが、いよいよになれば債務整理もありですが、収入が少ない夫に対しては、あなたの給料が少ないからよ、とは言えず、内緒でカードローンを利用している専業主婦も存在します。

 

専業主婦、カードローン事情関連ページ

消費者金融の配偶者貸付について
消費者金融でのキャッシングの審査のときに、総量規制が大きく関係してきます。これは貸金法の法律で、キャッシングの限度額が、年収の3分の一という決まりだからです。そして、年収10万円以下の場合、消費者金融によっては、収入ナシと判断されて審査に落ちてしまう場合もあります。
夫に内緒作れる専業主婦のカードローン
専業主婦の中には夫に内緒でカードローンがほしい方もいます。銀行カードローンの場合、その願いはすぐにかないます。今までどこからも借入れをしたことがない、借入れの経験があったとしても、現在他社借入れがない方は、審査はすぐに通ります。即日入金可能ですが、限度額は低いです。
審査落ちはこんな理由から
専業主婦OKのカードローンの審査では、個人情報機関の照会がポイントになります。過去と現在の借金状況の確認です。例1,結婚して3年目。独身時代にカードローンの支払いを続けています。専業主婦になって、銀行カードローンに申込をしたのに、審査落ち。