専業主婦 借入

専業主婦の借入について

お金を借りたい専業主婦は、大手消費者金融の申込はできません。
そう聞いて慌ててパートにでたとしても1年以上の勤続年数が必要です。

 

専業主婦のキャッシング

銀行カードローン審査では専業主婦はOKです。
専業主婦欄があり、そこに申込をすると限度額が決まっています。
せいぜい50万円が最大限度額となっていて、20万円、30万円のところもあります。
それで満足なら良いかもしれませんが、審査に通らない方もいます。
個人信用情報機関の金融事故、多重債務者などは簡単に銀行カードローン審査は通りません。
しかし、大手消費者金融での専業主婦はダメです。
申込すらできない。

 

中小消費者金融の利用

中小消費者金融では、配偶者貸付制度があります。
専業主婦も夫(正確には生計をともにする人)の同意があれば、その収入の総量規制範囲内の借入ができます。
平たく言えば、夫婦兼用のキャッシングになります。
夫も妻も同じ総量規制範囲でキャッシングができる契約ですが、中小消費者金融では配偶者貸付制度を導入しているところが多いです。
これは、レディースローンとはちがうので、申込のときにかならず確認して下さい。
一応審査は甘いのですが、夫の信用情報も大きく関係していて、住宅ローンやカーローンなどで、総量規制対象外で返済額が多い。
実は金融事故が多いブラックなどの場合、審査に通らないことがあります。
同意がなければならないのは、同意書が必要だからです。
収入は夫のものですから、妻としてはかならず夫主導のキャッシングになってしまうということです。
専業主婦にしてみれば、簡単に借りれるものではないと考えて方が良いでしょう。

 

キャッシングの基本に立ち返ると

専業主婦がキャッシングできる事自体、消費者金融ではスゴイことです。
総量規制は年収3分の一の範囲内の限度額ですが、収入ありきの契約です。
銀行カードローン審査にしても、収入が無いことは返済ができないことを意味します。
ですから、専業主婦ではない無収入の方は一切審査落ちになってしまうのは当然のことです。
最近は債務者が返済できないほど借入をしてしまった場合には、債務整理で負担を小さくすることができます。
しかし、その後はブラックリストとして、借りれない期間が5年以上続くのですが、それは大手と銀行カードローン審査です。
中小消費者金融では、1年以上での借入ができます。
甘い審査でそのようなことができるようになったのですが、ブラック融資の審査は時間がかかり、即日融資ができない場合があります。

 

大手消費者金融会社の借入ができない、他社消費者金融として中小キャッシング業者に行くのも良いでしょう。
しかし、返済ができないのをわかっていて、中小消費者金融の審査通過はあとから苦しくなります。
収入と返済比率を考え、ここは債務整理で再スタートというのも一つの選択です。
専業主婦も銀行カードローン審査に通らない、それでもお金が必要というときには、配偶者貸付制度はありますが、それは夫の借金として個人信用情報機関の報告が行きます。
そうなることを再確認して、申込を考えて下さい。
内緒のキャッシングは絶対にできません。

専業主婦の借入について関連ページ

ブラック対応は本当らしい 中小キャッシングの借入
債務整理経験者が語る中小消費者金融のメリットとして、自己破産後2年でキャッシングができた。債務整理完済前でもキャッシングができた。これって俗にいうブラックでも借りれるということでしょう。
カードローン会社なのに中小消費者金融?審査が甘いらしい
プロミスなどの大手消費者金融、三井住友銀行カードローンなどの即日融資を受けるためには、ネットで申込をしてから、自動契約機やローン申込機に行くと良いでしょう。審査が通れば確実にその日のうちにカード発行ができます。ほしいときに必要なだけの現金はセブン銀行などのATMでキャッシングができます。
中小消費者金融では即日融資も可能?
ブラックなのに即日融資ができました。中小消費者金融の口コミですが、独自審査で、大手では借りることができない方も審査が甘いことで、借入ができるようです。ブラックでも審査対象としている中小消費者金融は、全国対応のところも少なくなく、インターネットで申込ができます。その方法は大手消費者金融と同様です。