アコム 即日借り入れ

アコム 即日借り入れ

  1. アコムは即日借り入れ可能で使い勝手抜群!
  2. 困った時のアコム頼みアコムの消費者金融カードローン
  3. アコムの審査は緩い?厳しい?
  4. アコムの取り立ては厳しくないの?
  5. カードローンだけではなくキャッシュカードを申し込んでみる

 

アコムは即日借り入れ可能で使い勝手抜群!

 

まずはアコムについてざっと紹介します。アコムは貸金業者です。消費者金融会社とも言いますが、昔はひっくるめてサラ金と呼ばれていました。1978年創業ということですから40年近い歴史のある消費者金融会社です。もっとも、戦後まもなく前身である会社が質屋を始めているのですから、貸金業としてはもっと古い歴史があるということになります。さらに80年の歴史があるとされているのは、質屋のさらに前に呉服店創業から数えているからです。アコムのメインバンクが三菱信託銀行でした。そして、過払い請求などで財務基盤の悪化が原因として三菱東京UFJ銀行グループの傘下に入り子会社化したのです。過払い請求というのは、金利のグレーゾーン廃止によって摂り過ぎていた利息を過去に遡って利用者に返済するという過酷な制度です。これによって大手消費者金融会社の多くは破綻あるいはアコムのように財務基盤が悪化し、何らかの後ろ盾を求めてメガバンクやネット銀行の大手金融系グループの傘下となっていったのです。

 

アコムは破綻する前に三菱東京UFJグループに入りましたから、まだまだ体力的な余地があったといってもいいでしょう。

 

抜群の知名度のある消費者金融会社ですから、三菱東京UFJグループとしても、個人向け融資のノウハウを得られるという意味では、アコムの三菱東京UFJグループ入りはエポックメイキングな出来事でもあったということですね。また、アコムは、MasterCardのプリンシパルメンバとして、消費者金融会社の中で唯一クレジットカード「アコムマスターカード」を発行しているのです。ですので、アコムでのカードローンの利用を考えるのでしたら、まずはアコムマスターカードを申し込むのが現実的と言ってもいいかもしれません。使い勝手といった意味でもクレジットカードを持っておくことはとても利用価値が高いと言ってもいいでしょう。

前述していますが、アコムは消費者金融会社です。これは誰でも知っているくらいアコムという名前は知名度も高く、それが逆に借りづらいということになっているのです。それほどこの時代になっても消費者金融会社という名前はイメージ的にあまり良いようには思われていないということですね。もちろん、昔のサラ金のイメージが多くの人の脳裏に強烈に焼き付いているからでしょう。しかし、サラ金という言葉も現在の40代それも後半以降の人の頭に残っているだけであって、それ以前の世代の人にもはやサラ金という名前が死語のような扱いになっているのかもしれません。いずれにしても、お金を借りたいと思っている人がアコムなどの消費者金融会社に融資の申し込みをするということは、まずは銀行からお金を借りることができなかったということでしょう。お金を借りるのでしたら金利が低いほうが良いに決まっていますから、誰でも銀行からお金を借りたいのは間違いないのです。しかし、そうも言っていられない事情もあります。特に今日中にお金が必要だとか、2,3日中にまとまったお金が欲しいというときに、銀行はどうしても即効性に欠けるのです。

 

その点、消費者金融会社であるアコムはそこに貸金業としてのノウハウを注ぎ込んできましたから、利用者の求めに応じて即日融資に抜群の即応体制を取っているのです。お金を融資してもらうには契約書が必要になります。そのやりとりだけでも1週間以上はかかってしまうことでしょう。もっともそれは郵送した場合です。アコムでは無人契約機を全国各地に設置していますから、そこでの契約や審査が可能となっているのです。

 

クレジットカードである、アコムマスターカードも即日契約できるということですから、お金がすぐにでも必要な人、すぐにクレジットカードが欲しいというニーズに抜群の対応を取っているのです。少額融資でよければ、クレジットカードのアコムマスターカードを作ったほうがいいかもしれません。また、ちょっとした金額でしたらやはりカードローンへの申し込みとなるでしょう。いずれにしてもアコムの有人店舗に行くことなく無人の自動契約機でカードローンやアコムマスターカードの契約をすることができるのです。これは銀行にもないスピーディな対応です。このスピード感は消費者金融会社の中でも希有といってもいいでしょう。多くの消費者金融会社が即日対応、即日融資を謳っていますが、即日対応が実際にできるのはアコムがもっとも多いとされているのです。他の消費者金融会社では、手続きや書類の不備があれば結局は後日の契約となってしまいます。アコムではできるだけ即日対応できるように事前に利用する人に対しての告知活動などを怠りません。そのような企業の姿勢がアコムの消費者金融会社としての知名度を上げているのは間違いないのです。

 

いずれにしても銀行にはできない方法でアコムは融資を行っているのです。また、必要に応じて在籍確認を行うとしていますが、最近の傾向として電話などでの在籍確認を行わないケースが多くなっているということです。

 

▲メニューに戻る

 

困った時のアコム頼みアコムの消費者金融カードローン

銀行で借りることができないから、消費者金融会社であるアコムのカードローンを利用する…そういった図式が成り立つのですが、それだけではありません。というのも様々なシーンでお金が必要になることがあります。日々の生活の中ですぐにお金が必要になるということは多々あるのです。そういったときにフレキシブルに対応してくれるのが消費者金融会社のカードローンです。個人向け融資で仕事をしている消費者金融会社ならではのスピード感と言えるでしょう。その証拠にほとんどの大手消費者金融会社では即日融資可能、即日借り入れが可能としているのです。銀行でしたら、平日の営業時間内しか融資を受けることができません。しかし、消費者金融会社では、365日24時間いつでも融資を受けることができるのです。これは当然土日でも対応してくれるということです。

 

もちろん、必要な確認書類というのが必要です。本人確認書類は必須ですから、事前に用意しておくようにしましょう。キャッシングの申し込みには即日対応してくれます。また、アコムのカードローンの融資限度額は800万円となっています。これだけのお金を借りることができるのも嬉しいところです。もっとも、アコムは消費者金融会社ですから、アコムのカードローンは総量規制の対象になります。この総量規制は年収の3分の1までしか融資を受けることができないというものです。融資の合算になりますから、300万円の年収があるとしたら、融資の限度額は100万円ということになります。他の消費者金融会社で50万円の残債があれば、アコムのカードローンでは50万円までしか融資を受けることはできないということになるのです。銀行のカードローンは総量規制の対象外です。銀行カードローンの中でも楽天銀行は即日融資を謳っていますから、融資の申込みをしてもいいでしょう。申込者の多くは楽天銀行などのネット銀行を利用する傾向が多いようです。

もっとも、ネット銀行も銀行ですから審査も緩いということはありません。それでもネット銀行は意外とスピーディに対応してくれると評判なのです。それも実店舗がないので、融資の申込みもスムーズに対応してくれるということなのでしょう。アコムでは無人契約機での申込みが一番手軽です。審査にパスすればすぐに指定口座に降込み融資してくれます。

 

もっとも、融資の申し込み方法としては、無人契約機だけではありません。むしろ無人契約機は全国に点在していても全国津々浦々にあるわけではありません。ですから、申込者の多くはインターネットで申込みを行うことが多いのです。

 

それでも土日審査に対応してくれていますから、融資までのスピード感はなかなかのものです。カードローンですから、ローンカードを発行してくれます。最初の融資は振り込みとなりますが、それ以降はローンカードを利用してコンビニATMや無人契約機などで、利用限度額の範囲内で出金することができるのです。

 

▲メニューに戻る

 

アコムの審査は緩い?厳しい?

アコムは消費者金融会社ですから、審査は甘いあるいは緩いと考える人が多いことでしょう。それでも消費者金融会社にも幅があります。アコムは消費者金融会社の中でも規模からして最大手となります。消費者金融会社には、中小の消費者金融会社もあれば、街の片隅にある消費者金融会社、いわゆる街金まで様々の貸金業者が存在しているのです。街金がやはり一番審査が緩いとされています。しかし、街金は融資をしてもせいぜい数十万円というところです。数百万円単位での融資を受けたいのでしたら、消費者金融会社の中でも大手のアコムがやはり使い勝手の良さを考えると一番と言えます。やはり無人契約機があるのが大きく、そこでカード発行をしてくれるのもサービス満点と言えるでしょう。ローンカードでの入出金となるのですが、指定口座を申告することで、最初だけは降込融資を受けることができます。先述したように総量規制があるので、融資限度額がきついのですが、少額融資でしたら、使い勝手は抜群です。また、申込みも審査も土日祝日関係なくおこなってくれるのも心強いです。

 

振込依頼にもどのようなあらゆる銀行口座に対応してくれるのも嬉しいところです。アコムですから、銀行振り込みは三菱東京UFJ銀行の口座が嬉しいのは間違いないでしょうね。アコムは無人契約機の他に全国に実店舗があります。そこでは随時ローンの相談をしてくれます。借入れなどの相談、契約手続きの手順なども親切丁寧に教えてくれるので、最初の融資の申込みの際は実店舗で行うのも安心感があっていいでしょう。契約手続きは店舗、インターネット、無人契約機などあらゆる方法でできます。これは銀行などの金融機関にはないサービスと言ってもいいでしょう。アコムは消費者金融会社として審査は厳しいか緩いのかは一概には言えません。アコムのホームページには3秒診断というのもありますから、融資を受けることができるかどうかを簡単に診断してくれます。また、学生や主婦でも融資可能ということですから、店舗に行って相談するのもいいでしょう。

 

専業主婦や学生の場合は収入がないのになぜ借りることができるのということですが、その場合は世帯収入を見るからです。配偶者や世帯主に安定した収入があればその収入を審査対象にするということですね。アコムなどの消費者金融会社の審査は銀行と比較すると甘いと言ってもいいでしょう。それでも、中小の消費者金融会社に比べると審査は厳しいと言えます。いずれにしても多額の融資を申し込むことができるのですから、それなりの手続きが必要ですし、借入れということで審査を受けるのは当然です。契約手続きはスムーズですから、銀行など金融機関の審査に不安がある場合、アコムなどの消費者金融会社の融資が一番の選択肢となるでしょう。

 

▲メニューに戻る

 

アコムの取り立ては厳しくないの?

40代以降の世代でしたら、バブル期前後の消費者金融会社いわゆるサラ金の取り立てがたびたび新聞沙汰になるほど厳しいものでした。それが、小さな消費者金融会社の取り立てでしたらわかるのですが、大手の消費者金融会社の取り立ても苛烈をきわめて新聞沙汰になることが多かったのです。一家心中などの悲惨な事件もありました。内蔵を売れとばかりの脅迫じみた電話も横行したのです。しかし、バブルが弾けたことで融資の回収がままならなくなったこと、消費者金融会社へのバッシングが始まったこと、それに政策が呼応して、総量規制や利息制限法でのグレーゾーンの廃止、それで消費者金融会社の体力がそがれていったところで総量規制がとどめとなって、大手消費者金融会社の多くは破綻に追い込まれ、メガバンクなどの傘下に入っていったのです。その時点で昔ながらの消費者金融会社の姿は改められ、現在の大手消費者金融会社は昔の消費者金融会社の面影はないといってもいいでしょう。昔はあれほど、厳しい取り立てのニュースが飛び交っていたのがこの数年あるいは10年以上そのような話が皆無となっているのも消費者金融会社が変わった証拠と言ってもいいのです。

 

取り立ては厳しくなくなった代わりに審査は厳しくなったのは間違いないでしょう。昔は誰でも無審査で融資しているのではないかというくらいすぐにお金を融資してくれていたのです。しかし、現在では消費者金融会社のアコムといえども融資NGということも多々あるようです。融資をしないということではなく、焦げ付きの可能性がある限りは危ない橋は渡らなくなったということでしょうか。利用者にとっては、大手消費者金融会社で借りることができなければ、その下流である中小消費者金融会社に融資の申込みをしなくてはいけません。中小消費者金融会社でも大手に匹敵するような融資を行っているところもあります。インターネット申込みも受け付けていますし、店舗での申込みもできますから、申込方法も多彩です。店頭窓口での申込が安心できていいかもしれません。いずれの場合でも、収入証明書が必要な場合が多いので事前に用意しておくといいでしょう。審査申し込みはそれほど大変ではありません。店舗では営業スタッフが丁寧に説明してくれるので安心です。また、専属の担当者が付いてくれる場合もあるので心強いでしょう。ローンカードでの利用が基本ですが、最初は降込みキャッシングしてくれるのも嬉しいところです。アコムの場合は、むじんくんという無人契約機での入出金が基本となりますが、ローンカードはコンビニATMにも対応しているので、近くにコンビニがあればそちらのほうが便利ですね。また、むじんくんや店頭だけではなく、インターネット契約ができるのも嬉しいところです。

 

▲メニューに戻る

 

カードローンだけではなくキャッシュカードを申し込んでみる

アコムは消費者金融会社では唯一クレジットカードを発行しています。それも全世界的に知名度があり、世界のどこに行っても使うことのできる、マスターカードブランドのクレジットカードです。日本国内にいれば日本発の国際ブランドであるJCBが有名ですが、世界に出るとJCBは途端に使い勝手が悪くなるのです。日本ではマスターカードもJCB並に使うことができますから、アコムが国際ブランドでもVISAと一二を争うマスターカードのクレジットカードを発行しているというのは大きな意味をもっているのです。クレジットカードというと買い物などのショッピングに利用するというイメージが強いと思います。しかし、クレジットカードにはショッピングの他にキャッシング機能が付いているのです。利用限度額が設定されているので、数十万円(基本は30万円から50万円)がキャッシングできるようになっています。また、会員専用ページからでは、インターネットからの申込で口座振込みができるようになっているので便利です。銀行振込融資を利用できるのが大きな強みと行ってもいいでしょう。銀行振込みですから、祝日には対応できないのが前年です。アコムマスターカードは提携ATMで利用可能です。金融機関のATMの他にほとんどのコンビニATMで利用可能です。

クレジットカードの申込を行って契約完了となった場合、しっかりと契約内容を確認しておきましょう。クレジットカードのキャッシング機能の使い勝手はローンカードと大差ありません。利用限度額内であればいつでも入出金が可能です。クレジットカードの利用でポイントが付与されるので、その点がカードローンよりもお得かもしれません。そういった情報は常にチェックしておきたいものです。キャッシング契約については審査状況によって変わってきます。一応申告はできるのですが、利用限度額はアコム側で決めることになります。

 

いずれにしても、アコムマスターカードはカードローンの申込よりも先に申し込んでおいたほうがいいかもしれません。カードローンの機能を補完することもできますし、場合によってはクレジットカードのみで融資が完結するかもしれないのです。もっとも、クレジットカードのキャッシングの金利は決して低くはないのでその点は注意したいところです。あくまでも少額融資、少額キャッシングで利用するということを念頭に入れておきましょう。

 

▲メニューに戻る